X DIVERSITY
Projects

リモートミーティングでの音声認識の活用事例

Remote_Voice_Recognition

聴覚障害者は音声会話が難しく,会議にも参加しづらいという問題があり,音声認識による文字起こしを用いてこれを解消しようと研究や開発が行われています.現在,新型コロナウイルスの流行により,Web会議システムを用いたリモート会議が会議のほとんどになりつつあります.しかし,聴覚障害者は通常の対面会議よりもさらに会話への参加がしづらいため,音声認識の活用がより重要になります.そこで,聴覚障害当事者と所属研究室のメンバーで考案した,リモート会議における音声認識の活用方法を紹介します.

設楽明寿(筑波大学)Akihisa Shitara. University of Tsukuba.

https://github.com/DigitalNatureGroup/Remote_Voice_Recognition

概要・方法・課題などの解説や,その他の活用事例も詳細にまとめた外部のサイトへ移動します。


Speech to Text Webcam Overlay

とりあえず字幕を使ってみたい!という方には,同研究室の鈴木一平さんによる,Google Chromeを利用してWebカメラの映像に自動字幕を重ねる「Speech to Text Webcam Overlay」というツールもおすすめです。

使ってみる(Google Chrome でアクセスしてください)
https://1heisuzuki.github.io/speech-to-text-webcam-overlay/

ソースコード・よくある質問
https://github.com/1heisuzuki/speech-to-text-webcam-overlay

鈴木一平(筑波大学)Ippei Suzuki. University of Tsukuba.

Akihisa Shitara

Contactお問い合わせ /
ご参画について

X DIVERSITY では、研究に
参加してくださるモニター・ユーザー、
活用可能なデータを持つ企業からの
ご連絡をお待ちしております。
以下フォームよりお問い合わせください。

研究協力者募集フォームへ

その他のお問い合わせ