X DIVERSITY
News

【シンポジウム】超福祉展2020 「xDiversityトークセッション 乙武義足プロジェクトとその未来」をオンラインで開催

超福祉展 | 2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展
「xDiversityトークセッション 乙武義足プロジェクトとその未来」

超福祉展は今回最終回を迎えます。
これまで開催された「超福祉展 JST CREST xDiversity シンポジウム」はこちらです。
【2018/11/13】「OTOTAKE PROJECT 2018 」
【2019/09/03】「Ototake Projectが目指すもの」

【日時】

2020年9月2日(水) 15:00 開始 ~ 16:30 終了予定  *終了しました。

【主催】

xDiversity
2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展

【視聴方法】

渋谷ヒカリエ8FよりLIVE配信
YouTube「A STUDIO_超福祉展_SUPER WELFARE EXPO」チャンネルにて
どなたでも視聴できます

【配信URL】

ご視聴はこちらから
https://youtu.be/bkAcNOw1dRI

【概要】

四肢欠損の障害を持つ乙武洋匡氏と共に2018年から始めているロボット義足を用いたチャレンジはこれまでに多くの注目を集めました。乙武氏の奮闘に共感する声も多く集まる中、そもそも歩行運動に適さない身体で無理に歩行運動獲得を目指す意味を疑問視する意見もありました。今回のパネルトークではメンバーで乙武義足プロジェクトの意義やその先にある人間の身体の定義について語り合います。

<超福祉展 HP|xDiversityトークセッション 乙武義足プロジェクトとその未来 より抜粋>

【タイムスケジュール】

15:00~15:20  全体紹介
15:20~15:40  乙武義足プロジェクトの進捗報告
15:40~16:00  乙武義足プロジェクトが社会に与えたいい面と悪い面
16:00~16:30  テクノロジーの社会実装を通した課題解決に関する議論

【出演者】

遠藤謙(えんどう けん)
ソニーCSL / Xiborg
1978年生まれ。専門分野はロボット工学、バイオメカニクス、スポーツ。慶應義塾大学修士課程修了後、渡米。マサチューセッツ工科大学メディアラボバイオメカニクスグループにて、人間の身体能力の解析や下腿義足の開発に従事。2012年博士取得。また、マサチューセッツ工科大学D-labにて講師を勤め、途上国向けの義肢装具に関する講義を担当。2014年5月、Xiborgを設立し,代表取締役に就任。現在、ソニーコンピュータサイエンス研究所アソシエイトリサーチャーも務める。2012年、MITが出版する科学雑誌で35才以下のイノベーター35人(TR35)に選出。2014年、ダボス会議ヤンググローバルリーダー。

乙武洋匡(おとたけ ひろただ)
作家
1976年、東京都生まれ。先天性四肢欠損のため、幼少期より電動車椅子を使用。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後はスポーツライターとして活躍。その後、教育に強い関心を抱き、新宿区教育委員会非常勤職員「子どもの生き方パートナー」、杉並区立杉並第四小学校教諭を経て、2013年2月、東京都教育委員に就任。
教員時代の経験をもとに書いた初の小説『だいじょうぶ3組』は映画化され、自身も出演。続編小説『ありがとう3組』も刊行された。おもな著書に『だから、僕は学校へ行く!』、『オトことば。』、『オトタケ先生の3つの授業』など。
2014年、地域密着を目指すゴミ拾いNPO「グリーンバード新宿」を立ち上げ、代表に就任。2015年4月より政策研究大学院大学の修士課程にて公共政策を学ぶ。

落合陽一(おちあい よういち)
筑波大学 准教授 / Pixie Dust Technologies CEO
1987年生まれ、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了)、博士(学際情報学)。その後、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社創業。筑波大学准教授・デジタルネイチャー推進戦略研究基盤代表、大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授を兼務。専門はCGH、HCI、VR、視覚聴覚触覚ディスプレイ、デジタルファブリケーション。

菅野裕介(すがの ゆうすけ)
東京大学生産技術研究所 准教授
2010年東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了、博士(情報理工学)。東京大学生産技術研究所特任助教、マックスプランク情報学研究所ポスドク研究員、大阪大学大学院情報科学研究科准教授を経て、2019年より東京大学生産技術研究所准教授。コンピュータビジョン、ヒューマンコンピュータインタラクションに関する研究に従事。

本多達也(ほんだ たつや)
富士通株式会社 / Ontenna project leader
1990年 香川県生まれ。大学時代は手話通訳のボランティアや手話サークルの立ち上げ、NPOの設立などを経験。人間の身体や感覚の拡張をテーマに、ろう者と協働して新しい音知覚装置の研究を行う。2014年度未踏スーパークリエータ。第21回AMD Award 新人賞。2016年度グッドデザイン賞特別賞。Forbes 30 Under 30 Asia 2017。Design Intelligence Award 2017 Excellcence賞。2019年キッズデザイン賞TEPIA特別賞。

Contactお問い合わせ /
ご参画について

X DIVERSITY では、研究に
参加してくださるモニター・ユーザー、
活用可能なデータを持つ企業からの
ご連絡をお待ちしております。
以下フォームよりお問い合わせください。

研究協力者募集フォームへ

その他のお問い合わせ