X DIVERSITY
News

【シンポジウム】 第6回 シンポジウムをJST東京本部別館1階ホールにて開催

【お申込み】*終了しました

https://peatix.com/event/633761/

【概要】
第6回 JST CREST xDiversityシンポジウムを開催します。
本シンポジウムでは、未来社会デザインに向けて社会課題にどうやって技術で取り組んでいくのかということを主眼に来場者との活発な議論を行います。
このxDiversityプロジェクトでは、AI技術の個人最適化技術と空間視聴触覚技術の統合を通して、人機一体による身体的・能力的困難の超克を目指します。音響提示装置や義手義足などの支援ハードウェアに、ユーザ特性のモデリングやユーザ自身による認識タスク定義を通した適応的な学習機構を組み合わせることで、多様なニーズに応えるAI基盤を提案します。障がい者コミュニティ等との連携を通して、具体的なユーザとタスクに特化したAI技術の社会実装に取り組んでいきます。具体的なこれまでの取り組み、xDiversityが目指す新たなフレームワークの内容を中心にディスカッションを行います。

【登壇者】

落合陽一(筑波大学/Pixie Dust Technologies)
菅野裕介(東京大学)
本多達也(富士通)
遠藤謙(Sony CSL / Xiborg)

【シンポジウムプログラム】
17:30-
開場

18:00-18:10
オープニング・プロジェクト概要についての講演
落合陽一

18:10-19:00
xDiversity取り組み事例紹介
・波動とデジタルファブリケーションを組み合わせた知能化技術(落合陽一)
・タスクの多様性に対応するための視聴覚認識技術の開発(菅野裕介)
・社会実装に耐えうるロボット義肢技術の開発(遠藤謙)
・エクストリームユーザの意見に基づく視聴覚知覚装置のディプロイと社会実装(本多達也)

19:00-19:20
「xDiversityの加速フェーズにおける取り組む課題と実現したい未来について」
落合陽一・菅野裕介・本多達也・遠藤謙

19:20-19:30
クロージング
落合陽一

【プロジェクト名】
JST CREST 「計算機によって多様性を実現する社会に向けた超AI基盤に基づく空間視聴触覚技術の社会実装」

【参加費】
無料

※情報随時更新

Contactお問い合わせ /
ご参画について

X DIVERSITY では、研究に
参加してくださるモニター・ユーザー、
活用可能なデータを持つ企業からの
ご連絡をお待ちしております。
以下フォームよりお問い合わせください。

研究協力者募集フォームへ

その他のお問い合わせ